生活の空間の中で洋服はどのように収納してますか?

生活をしていると、洋服ってどんどん増えていくものですよね。その年の流行の服を購入してみたり、衝動買いをしてしまったり、少し着なくなった洋服は置いといて新しいものを購入した

生活の空間の中で洋服はどのように収納してますか?

生活の空間の中で洋服はどのように収納してますか?

生活をしていると、洋服ってどんどん増えていくものですよね。その年の流行の服を購入してみたり、衝動買いをしてしまったり、少し着なくなった洋服は置いといて新しいものを購入したり。そんな事を繰り返す中で、限りある収納スペースはドンドンと埋まっていき、収納が難しくなってきます。部屋の中で限られたスペースで皆さんはどのように収納をしているのでしょうか?

私の場合、部屋を出来るだけ広く使いたいため、衣装ケースやタンスのようなものはクローゼット内に収めるようにしています。表に出しているものは、普段から頻繁に着る部屋着や下着などを入れるチェスト1つに絞り、残りはクローゼット内に納めるようにしているのです。とは言っても、時が経つと共にそのクローゼットもいっぱいになってきます。スペースを作るためには、夏・冬と洋服の入れ替えを行う様にする為、そのシーズンに着ない洋服は、プラスチック製の衣装ケースではなく、通気性の良い布製の衣装ケースに収めるようにしています。これは100均等でも購入できるので、非常に低コストで便利なアイテムです。そうして、そのシーズン以外の洋服は、クローゼットの普段使わないスペースに納めるようにしています。それだけでもだいぶ変わるのですが、季節の変わり目の衣替えが少々面倒だなと感じる事は有ります。

もう1つの洋服の収納方法といいますか、こちらは管理の方法になるかもしれませんが、2シーズン着なかった洋服はその後はもうほとんど着る事は無いものと思われます。そのため、リサイクルショップに出して少しお小遣いの足しにしてみたり、資源ごみとして処分するなど断捨離と呼ばれる事を行っています。コレは、気持ちもスッキリして一新できるのでオススメです。もちろん、捨ててしまうのはもったいないので、断捨離の対象となった洋服は、一旦リサイクルショップにもって行き、それでも引き取ってもらえなかったものは、仕方なく資源ごみとして処分するという形が良いかと思います。その方が、リサイクル品として、また誰かが大切に着てくれるかもしれません。洋服は買う楽しみもありますが、その後長く着る事が出来るものかを考えて購入する必要もありそうです。確かにその年の流行と言うものがあり、そのアイテムを着たいという気持ちもありますが、そういった流行も上手く取り入れつつ、その後の事も考えられたら良いですね。

Copyright (C)2014生活の空間の中で洋服はどのように収納してますか?.All rights reserved.